不動産売却の流れ

1.査定依頼

お気軽にお問い合わせください。
秘密厳守いたします。

  • お客様の名前
  • 現地査定を希望される日時(2つか3つ候補お願いします)
  • 査定をする物件の住所
  • 電話番号(急な時間変更など)

をお聞かせください。

2.査定

実際に現地を訪問させていただき、ご依頼の不動産、周辺環境を調査した上で
査定価格をご提示します。
ご売却のご依頼をいただくためだけに、いたずらに高い査定価格を提示する
不動産会社もありますのでご注意を。

3.媒介契約の締結

ご売却をお任せいただくのに宅建業法で義務付けられています。
媒介契約には3種類あります。

  1. 一般媒介契約複数の不動産会社に売却を依頼することができます。
  2. 専任媒介契約1社しか売却依頼はできませんが売主が直接買主を見つけた場合には
    不動産会社を介さずに契約をすることができます。
  3. 専属専任媒介契約専任媒介契約よりも売主にとって制約が厳しく、直接買主を見つけても
    契約した不動産会社を介す必要があります。

4.販売活動のスタート

インターネット、折り込み広告、既存のお客様への紹介などにより
買主様をみつけるように営業活動してまいります。
広告料などはいただきません。

5.購入の申し込み

買いたいお客様から価格、引渡し期日などのご希望が提示されます。
条件があえば、契約手続きに入ります。

6.ご契約、手数料

重要事項説明書、売買契約書などへの記名、押印をしていただきます。
買主様より手付金を受領いたします。
仲介手数料の半金をお支払いいただきます。
仲介手数料=制約価格×3%+6万円+消費税

7.引渡し、決済

手付金を除いた残金を受領します。
同時に登記手続き
(買主様への所有権移転登記)を行います。

買主様へ鍵を渡します。